慢性腰痛矯正コース

知っていましたか?

骨盤・肩甲骨の矯正専門家が行う慢性腰痛矯正コースで改善!

今すぐお電話

都営新宿線「大島駅」A6出口から徒歩1分 大島院アクセス 東京都江東区大島6-10-12 亀戸院アクセス

こんなお悩みありませんか?

知っていましたか?

腰痛が起こる原因は?

腰痛の起こる原因は様々ありますが、
一般的なものでは以下のような原因があります。
  • 骨盤や背骨の動きと柔軟性が無くなる
  • デスクワーク、PC業務で座りっぱなし
  • 姿勢が悪いため腰に負担がかかる
  • 運動不足で血行が悪い
  • ストレス、イライラが多い環境にいる
  • 育児期の抱っこ、家事など負担がかかる
  • 腰回りから足先までの緊張が強い

また、この原因が単独で起こるだけでなく、複雑に絡まりあって腰痛、背中・足の痛みなどにつながります。

腰痛が長引き、骨盤の歪みが慢性化することで辛い股関節痛、膝の痛み、坐骨神経痛みをおこすことがあります。

なかなか改善しない慢性の腰痛には、疲れて筋肉が硬くなっているだけでなく、骨盤、肩甲骨、背骨の歪みなどの問題が考えられますので、その部分を踏まえた矯正が必要になってきます。

骨盤、背骨の柔軟性や弾力性を付けていくことで慢性の腰痛は良くなっていきます。

慢性の腰痛は改善できます

骨盤は下半身の土台であり、上半身の土台となる肩甲骨と色々な面で関連しています。

腰痛をお持ちの方は、骨盤の歪みを生じていることが多いのですが、その結果姿勢が悪くなり背骨を通じ肩甲骨が歪んでいる方も多いのです。

これが慢性の腰痛を改善するためには骨盤の矯正にプラスして、【肩甲骨】や背骨の施術が必要になる理由です。腰痛をお持ちの方が、同時に首や肩の問題を抱えているのもこのような理由があるからです。

骨盤の歪みは様々な症状につながります。骨盤に付着する筋肉が硬くなると骨盤自体が硬直し弾力性をなくし、腰痛、股関節痛、膝の痛み、脚のむくみ・冷え、坐骨神経痛、下半身の問題が現れます。

特に重要なのは、背骨から骨盤を通り内股にベッタリと付着する腸腰筋(腸骨筋+大腰筋)、内股に付く内転筋、上半身から骨盤に付着する広背筋は腰痛に関与する重要な筋肉です

腰痛の悪循環

人間は疲労が蓄積したり、不摂生を続けたり、また年を重ねたりすることにより、内股や脚後面の筋肉が硬くなる傾向があります。この筋肉が硬直し衰えることにより、骨盤が後ろに傾き、股関節や膝が曲がったり、背中が丸くなったり、腰痛の原因となることが多いのです。

骨盤が傾き、背中が丸まってくると、両方の肩甲骨も開き胸郭(鎖骨、胸骨、肋骨、背骨部)が硬くなり、腰回り(体幹)が動きずらくなり、負担がもろに腰にかかるため痛みを生じます。脚も上がらなくなりますので「骨盤の歪み=老化」につながるといっても過言ではないでしょう。

特に女性の骨盤は重要で、骨盤内に女性特有の臓器も存在し、整体では骨盤の硬さは婦人科系の病気等につながるとも考えられています。

骨盤を柔軟に保つためには矯正や体操を行い内股や脚後面、背中の柔軟性を出していく必要があります。脚の太くて長い筋肉を柔軟に保つことが、健康な骨盤を維持する最大のポイントです。

腰痛だけでなく、骨盤が歪むことにより、姿勢が崩れ、肩こりや頭痛など上半身の問題にもつながってきますので注意が必要です。骨盤と肩甲骨は関連していますので、調整は骨盤と肩甲骨の連動を考慮して行うことで、良い結果が現れます。

腰痛の悪循環

腰痛改善までの5つのステップ

腰痛改善の5つのステップ

施術写真

  • 骨盤矯正
  • 骨盤の動きや柔軟性の向上
  • 脚の後面、内股の筋肉にアプローチ
  • 背中・腰の筋肉にアプローチ
骨盤だけではなく、背中や腰、背骨、脚の状態も変化が感じられます。
結果的に、骨盤や肩甲骨だけではなく、全身の状態も良くなります。

肩甲骨矯正施術写真

  • 肩甲骨矯正
  • 上半身の歪みの調整
  • 肩甲骨の可動域や柔軟性の向上
  • 肩、ひじ、手の関節にもアプローチ
腰痛だからと言って、骨盤や下半身だけの矯正では腰痛の改善はできません。
骨盤と肩甲骨には深い関連性があり、全身の調整が大事です。
肩甲骨の矯正をすることで、首や肩、背骨、腕の状態も良くなります。

背骨・胸郭・鎖骨の矯正

  • 肩甲骨矯正
  • 背骨の可動域や柔軟性の向上
  • 背骨・体幹の運動性を高める
  • 胸郭、鎖骨の柔軟性の向上
心地よく体感をなじったり、横に倒したり、反らせることで背骨の動きや柔軟性が戻ってきます。
背骨や体感の柔軟性が失われたままだと、骨盤や肩甲骨の動きにも影響が出てきて、腰痛の原因にもなります。

筋膜の調整写真

  • 筋膜の調整
  • 筋肉、筋膜の縮こまりを解消
  • 身体の歪みを調整
  • ツボや急所へのアプローチ
筋肉を覆う薄い膜には、血管や知覚線維が含まれており、その薄い膜が筋膜と呼ばれています。
筋膜が硬く縮こまった状態のままでは、筋肉や神経を圧迫したり、身体の歪みが生じます。筋膜を調整することで身体のストレスや疲れも改善できます。

頭部・腹部調整

  • 頭部・腹部調整
  • 頭から身体の歪みを解消
  • 肋骨・おへそ周りの調整
  • 脇腹の状態確認・調整
頭には多くの急所やツボが存在していて、全身の状態が頭に出てきます。
特に、身体の歪みや疲労、ストレスは頭に顕著にあらわれます。また、腹部の調整では腹部をゆっくり押圧したり、揺らすことで刺激を与え、調整します。過度のストレスや精神的な不安は腹部にも現れ、欠かせない調整となります。

腰痛改善までの5つのステップ

腰痛改善の為の5つの流れ

カウンセリング写真

施術の流れ1

  • 施術の流れ1問診
  • ご記入いただいた問診表をもとにお話をお伺いします。現時点でのお悩みや問題点、過去から現在までの状況など詳しくお伺いします。

カウンセリング写真

施術の流れ2

  • 施術の流れ2検査
  • 骨盤、肩甲骨、背骨の動き、姿勢検査、各関節の動きや筋肉の緊張度合いなどを検査によりチェックしていきます。

カウンセリング写真

施術の流れ3

  • 施術の流れ3カウンセリング
  • 問診、検査で分かった身体の状態を踏まえ、最善の治療コース、治療計画の提案を行います

カウンセリング写真

施術の流れ4

  • 施術の流れ4施術
  • 今後の施術方針や計画、アドバイスなどを行っていきます。腰痛の改善ではなく、その先の腰痛になりにくい身体を作って頂けるのが理想です。

カウンセリング写真

施術の流れ5

  • 施術の流れ5セルフケア指導、会計
  • 施術効果を維持するため、自宅でできる整体体操をアドバイス、お会計となります

施術計画のご提案

ご提案

  • 通院頻度と回数について
  • どのように通院すれば良いか、問診、検査(徒手)を行ったうえでご提案させていただきます。
    体の状態は人により違いが生じますが、初回から4~6回目の矯正までは短期間で通院されることをお勧めいたします。
    通院毎に施術計画に沿って身体の検査を行い、今後の施術計画を提案させていただきます。

慢性腰痛矯正コース|通院の目安

9回基本コースの目安

矯正9回、基本コースでは、まず6回目までは短期間隔でのご来院をおすすめしております。
理由は長期間かけてでた全身の歪み、緊張をいち早くリセットしていくためです。 もう一つの理由は、通院頻度、回数を適当にしてしまうと、いつまでたっても、体の状態が変化せず、貴重なお時間や施術費用も無駄になってしまうからです。

体をよりよく改善していくため、治療計画を守り通院いただくことをお願いしております。

お仕事、その他スケジュールの関係上、通院に関し不安がある方は担当施術者にご相談ください。 お電話での相談にも応じますのでいつでもご連絡ください。

慢性腰痛矯正コース|料金について

9回基本コースの目安

※コースの選択について
コースの選択は、問診・徒手検査を行い担当技術者がご提案させていただきます。

初診料無料

都営新宿線「大島駅」A6出口から徒歩1分 大島院アクセス 東京都江東区大島6-10-12 亀戸院アクセス

TOPへ戻る